VIO脱毛って恥ずかしいけどメリットがこんなにある

VIO脱毛 メリット

私はデリケートゾーン脱毛はミュゼで初めて行ったのですが、それまでずっと自己処理。脱毛したほうがいいのかずーっと悩んでいました。

VIOの毛は剛毛で10代の頃から「いつか脱毛できればいいけどやっぱり恥ずかしいなぁ。他人に見られるなんて」と思っていたからです。

きっと、私と同じような気持ちの方多いのではないでしょうか?

恥ずかしい気持ちはあるんだけど、気になってしまうVIO脱毛についてご紹介してまいりますね。

VIO脱毛ってどこの部分なの?範囲をご紹介

VIO脱毛 メリット

VIO脱毛とは、いわゆるデリケートゾーンと呼ばれる部分(Vライン、Iライン、Oライン)の脱毛のことをいいます。

このデリケートゾーンと言われるVIOを詳しく説明します。実際に画像で見ると分かりやすいと思います。

VIO脱毛
Vライン 正面から見て両サイドのこと
Iライン 陰部の両側のこと
Oライン お尻の奥、肛門の周辺のこと

初めてVIO脱毛を知った時は「えっ!!そんなところまで全部脱毛できるんだ!!」と驚いてしまいました。

自己処理でVラインはある程度出来たとしても、IラインとOラインを自分で脱毛は、ほぼ不可能なの部位ですよね。

うーん、だからこそ、やっぱりVIO脱毛、恥ずかしい…ですよね

VIO脱毛って、どんなふうに施術されるのでしょう? 気になる人も多いと思います。

VIO脱毛の施術時間とやり方は?恥ずかしくないの?

VIO脱毛 メリット

VIO脱毛の平均的な施術時間をみると、

Vライン…10分から15分

Iライン…5分から10分

Oライン…5分

VIO全体を脱毛したとしても約20分くらいで施術完了と、以外に短時間で終わります。もちろんサロンによって差はあるとは思いますが。

施術時は、専用の紙パンツを着用するところがほとんどですが、何も着用せずに施術するところもあるようです。

私が通っているミュゼでは紙パンツ着用で、施術するときはその部分のショーツをずらしながら照射をされる感じです。

ただ、照射していく際に脱毛するゾーンによって、体勢を変えていかなければならないのですが、一般的にこれが一番恥ずかしいという意見が多いようです。

メインの体勢としては、仰向けですがIラインの場合は、片足ずつひざを立てたまま、その足を外側に倒していく体勢にします。

Oラインの脱毛の際には、照射する部位が肛門の周りですから、うつぶせになります。よつん這いの体勢を取らなければならないサロンはほとんどないと思います。

VIO脱毛はかなり恥ずかしいというコメントが多くみられるますが「たかが5分、されど5分」の気持ちで望む気力を持たねば!ですね。

次に、VIO脱毛のメリットをまとめてみました。

VIO脱毛するメリットとは?

VIO脱毛 メリット

恥ずかしさを克服した女性たちはこんなメリットを実感している人が多いです。

  • ムダ毛を気にせず堂々とおしゃれを楽しんでいる
  • デリケートゾーンが衛生的で生理中でも快適
  • 自己処理の必要無し
  • 肌トラブル解消

ビキニやひもパン、Tバックなどのオシャレな下着も躊躇すること無く着こなせますし、生理時にムレたりかぶれたりすることがなくなります。

そして、今までデリケートゾーンを自己処理していた手間ひまがかからなくなるポイントと、自己処理の際にどうしても起こってしまう肌トラブルが解消されることもメリットです。自分で自己処理できない部分(Iライン、Oラインなど特に)まできれいになるので自分に自信が持てますね。

自己処理をしているとどうしても忘れてしまうことがありますよね。

「あっ脱毛してないからこれ着れないや」とか「今日のスイミングやめとこう」なんて後ろ向きな行動してしまいがちですが、脱毛サロンでプロの手によってVIO脱毛すると、すべてが解消してしまうってことですよね。

それに、デリケートな部分の肌を傷つけてしまうこともなく、ツルツルなデリケートゾーンになるってことは、肌のためにもいいです。

ちなみに、VIO脱毛する時期は、生理後1週間してからが、ベストな時期のようです。ご予約をされる際は、ご自分の生理周期をチェックして下さいね。

まとめ

VIO脱毛 メリット

VIO脱毛、デリケートゾーンなだけに「恥ずかしい…」と言う気持ちは本音ですが、ムダ毛が出てしまって恥ずかしい思いをするくらいなら、やはりVIO脱毛は、コスパやいろんな手間を考えても、やっぱりメリットが多いような気がします。

ビキニやランジェリーでのお洒落が楽しめるって、女性にとっては嬉しいですよね。

関連記事:ミュゼのVIO脱毛は〇〇をしてくれるから痛みも安心【体験談】