電気脱毛とは?光脱毛と組み合わせると最強かも

電気脱毛は0.05mm~0.15mmぐらいの毛穴に直接「針」を入れて電気を流し込みます。毛根を電気で破壊する形式の脱毛で、永久脱毛の効果が得られます。(針脱毛やニードル脱毛とも呼ばれています)

電気脱毛(針脱毛)をわざわざ受ける人は少ないかもしれませんが、実は歴史は古くフラッシュ脱毛やレーザー脱毛が拡がる前は一般的に行われていた方法です。アメリカでは100年以上も前から存在する方法で日本でも40年を越える歴史があります。

  • 電気脱毛は技術力が必要とされるのでスタッフを育てるのがたいへん
  • 光脱毛やレーザー脱毛に比べると1本ずつ電気を流して行うので時間が掛かる

こういった理由であまり効率的に施術ができない理由もあり…電気脱毛を行うサロンは減っていきました。

でも、電気脱毛が有効な条件はあります。人によってはフラッシュやレーザーではなく針じゃないと対応できないケースもあります。

電気脱毛(ニードル脱毛)が有効な条件とは?

電気脱毛は毛根(毛母細胞)をダイレクトに破壊するので永久脱毛の効果が得られます。また、メラニンなどに反応する光やレーザーとは違うので、肌が黒かったり色素が濃い部分でも安全に施術可能なんです。

肌が黒くても脱毛できる

  • ライトシェアデュエット
  • メディオスター
  • ジェントルレース
  • YAGレーザー

いろいろな脱毛器がありますがいずれの機器も黒い部位には使用することは出来ません。(色素が濃い場所に照射すると、過度に反応してヤケドのリスクがあるからです)

※肌が黒くても照射でいる「蓄熱式脱毛」でも濃くて大きなホクロには使用することは出来ません。

電気脱毛はメラニンとは関係が無いのでホクロでも問題なく対応できます。

硬毛化や増毛化した毛にも有効

エステサロンでのフラッシュ脱毛も医療機関でのレーザー脱毛も部位によっては硬毛化や増毛が起きるリスクはあります。

  • 背中・うなじ
  • 顔周り
  • 二の腕

上記の部位で起こりやすい傾向があります。

もし、硬毛化した場合はそのまま施術を継続するか、しばらく外して処置する等の対処法が取られます。(サロンなどによって方針は異なる)

もちろん改善するケースもありますが、気になる場合は電気脱毛でピンポイントに永久脱毛してしまうのも有効です。

光脱毛で対応できない部位とは?

  • 濃く日焼けして肌が黒くなった部分
  • タトゥーを入れた部位
  • ほくろ(濃さにもよる)

黒い場所にはフラッシュはあてられないので注意です。上記にあてはまる人はSHR脱毛をやっているストラッシュや脱毛ラボに行ってみるか、電気脱毛を視野に入れた方がいいです。

ただ、施術する部位が広いと電気脱毛はあまりオススメできません。

電気脱毛の欠点まとめ

電気脱毛にはどうしても大きなデメリットがあります。

  • 痛み
  • 時間がかかる
  • 費用が高い

1本1本の毛穴に電気を流し込む方法をとるので広範囲な部位には向いていませんし、何よりも料金も高くなります。

電気脱毛は痛みが強い

男性でも痛くて我慢できない人もいます。痛みを抑えられるメディオスター等での脱毛と比較するとかなり痛いでしょう。

本数ごとに費用が異なる

1本1本を丁寧に処理していくので効率が悪いので、剛毛で毛深い人にとってはかなり料金が上がる可能性もあります。

  • 本数で料金設定
  • 時間で料金設定

大体この2パターンで料金を決めています。

脱毛する範囲や本数にもよるので、気になる人はカウンセリングを受けてみるしかありません。

施術にかかる時間が長い

やはり手作業で1本ずつ処理するので時間はかかります。

ベテランのスタッフによる処置でも300本で30分ぐらい必要です。

1人にかける時間も長くなるのでどうしても費用も高くなるのは仕方ないですね。

電気脱毛が向いている人は?

最初はミュゼやキレイモなどのサロンで手軽に脱毛を受けてみてから考えてみましょう。

  • サロンで対応できない細かい部位を脱毛したい
  • 日焼けやホクロで断られた部位を脱毛したい
  • どうしても光脱毛で抜けないムダ毛が数本ある
  • 増毛化や硬毛化が起きて困っている部位がある

などなど

こういった人は電気脱毛を行って残った毛も完全に取り除いてもらうのが良いですね^^

すでに全身脱毛などを受けていて、脱毛したりない箇所やどうしても対応できない部位も完璧に永久脱毛したい人に向いています。光脱毛・医療脱毛と組み合わせることでメリットを最大限に生かせる方法ですね。